chevron_left

「ファッション」カテゴリーを選択しなおす

cancel

ヴィンテージ系 新着記事

NEW POST
  • ”白きモーニングリング”の美しくも儚い歴史とは

    「死」は、この世に生を受けたもの全てに分け隔てなく訪れる、避けることのできない要素です。 人々は亡くなった人の死を悼み、悲しみ、喪に服します。 その哀悼の意を示すべく、中世ではモーニングリングと呼ばれる黒い指輪が身につけられていました。 喪服が黒を基調とされているように、このモーニングリングと呼ばれる指輪も黒い石(ジェットやオニキス)、黒いエナメルなど、色としては”黒”を軸に制作されていました。 しかし実は、モーニングリングには黒だけでなく、白いものが存在していたことをご存知だったでしょうか。 今回はそんな”白い”モーニングリングにまつわる、美しくも儚い歴史をご紹介させて頂きます。 純白のモーニングリングの儚い歴史 Leicestershire County Council, CC BY 2.0, via Wikimedia Commons ※こちらのモーニングリングは1762年に制作されたと見られ、”ELIZ SIMPSON OB 18 FEB 1762”とあることから1762年2月18日に亡くなった、若い方を偲ぶために作られたと推察されます。 一般的なモーニングリングが”黒”を基調

「ファッションブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)