TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

婦人靴 注目記事 NEW POST

help
  • 1位

    仕事で履くパンプス事情

    今日も一日お疲れ様でした。 足元から健康とお洒落をトータルでコーデイネートする、 シューズスタイリストのリコです。 オフィスで履くパンプス。 どのくらいのヒールの高さにしていますか? もし悩んでいたら、ちょっと読んでみてください。 ファッション雑誌で大きすぎる靴を履いているモデルさんの写真を見ると、 靴のフィッティングって重要視されていないんだなぁってちょっと残念な気分になります。 特にベルトなど足に留めるものが何もついていないプレーンなパンプスは、 最初はフィットしていたとしても、革が柔らかくなってくるにつれパカパカと脱げやすくなってしまいます。 脱げないようなパンプスを見つけようと思ったら、 自分の骨格に合ったパンプスをオーダーするのが一番です。 仕事の時に履く靴はオフィスでの活動量、社外への移動があるかどうかで ヒールの高さなども考える必要性があります。 【 ハイヒールはあくまでも見せる(魅せる)ための靴 】 知り合いのCAさんに聞いたところ、 飛行機から降りてクルーと一緒に空港内を歩く時は ハイヒール(見せ靴)、機内で業務をする時はローヒール(仕事靴) というふうに、ヒールの高さの違う靴を常備しているそうです。 本当に仕事をしている人は体力・精神力ともに、 一定以上のレベルを保つ必要があるので、 自分なりの工夫をしています。 女性が仕事量や職種によって靴の使い分けが出来るようになると、 もっと力を発揮できる女性が増えるはず。 言うまでもなく、ハイヒールはずっと履き続けていると 足の骨の変形にもつながっていきます。 足の負担を極力減らすなら2.5㎝〜3.5㎝のローヒール をおすすめします。 ちなみに、 いつもハイヒールを履いている人がローヒールを履くと疲れると言います。 それは、いつもハイヒールを履いていることで ふくらはぎの後ろの筋肉を縮めてしまっているから。 足は第二の心臓と言われるように足の筋肉を伸び縮みさせることで、 全身に血流を送る役割があります。

    リコ

    昨日より歩きたくなるわたしがいる

    読者になる

「ファッションブログ」 カテゴリー一覧